副業

手取りが増えないなら!40代サラリーマンがすぐに始められる副業5選

手取りが増えないなら!40代サラリーマンがすぐに始められる副業5選

たまお
使えるお金を増やすために、副業をやってみたいな。

40代サラリーマンの悩みとして「気軽に残業ができなくなり手取りが減った」「年収があがらない」など、お金の悩みを持つ人が多いです。

本業で給与が増えないなら副業で稼ぐということも検討したいところです。

この記事は、そのような40代サラリーマンのために次のことを紹介します。

  • 後悔しない副業を選ぶ時の考え方
  • 40代サラリーマンにおすすめの副業
  • 副業での収益の確定申告について
  • 会社が副業禁止だった場合の対応策

これから副業で稼ごうとしている人にとっては有益な情報となりますので、参考にしてみてください。

なおたけ
事前に知識は充分つけてからのぞみましょう。

副業を選ぶ時のポイント

たまお
40代だと仕事も家庭も忙しいので、副業は効率よくやりたいな。

40代サラリーマンは仕事も家庭も忙しい人が多いです。支障が出ないよう次のポイントで副業を選びましょう。

  • 好きな時間にできる
  • 自宅などネット環境があればできる
  • 今までのスキルや経験が活かせる

やればやるほど単価があがり、効率がよくなるものがベストです。

なおたけ
UberEatsのような肉体労働は体力的にもきつくなるので避けましょう。

40代サラリーマンにおすすめの副業5選

たまお
どれくらいの収益が期待できるかも知りたいな。

40代サラリーマンにおすすめの副業を期待収益や難易度とあわせて説明します

ブログ運営

月収:2万円~10万円

難易度:

まず、おすすめしたいのがブログ運営です。

ブログに人を集めることで、掲載された広告、または商品購入や会員登録などの成果(=アフィリエイト)から売上を得る仕組みです。

コツを掴み記事を蓄積すれば、将来的に数十万稼げる可能性があるのが魅力的です

特に、40代は知識や経験が豊富なので、ブログ運営に適しています

ブログ運営の特徴は次のとおりです。

  • 少ない初期投資ではじめられる(1万5千円くらい)
  • 自分のペースで作業ができる
  • 将来的に大きく稼げる可能性がある
  • これまでの社会人経験が活かせる
  • 特別なスキルはいらない

デメリットは最初の半年はほぼ収益が出ないことです。すぐに稼ぎたい人は別の副業を選んだ方がよいです。

はじめてのブログ開設、きちんと疑問解消してからはじめよう
はじめてのブログ開設、きちんと疑問解消してからはじめよう

続きを見る

なおたけ
時間に縛られない点で、ブログからはじめる人が多いです。

ウェブライティング

月収:~10万円

難易度:

ウェブライターは、企業からの依頼でネット記事やメルマガなどの記事作成を行う仕事です。

専門的な知識を持っていたり実績をつくることで単価があがるため、やればやるほど効率よく稼げるようになる副業です。

  • 基本的な日本語ができれば稼ぐことができる
  • 初期投資費用がほとんどかからない
  • 専門性があれば高単価での受注ができる
  • 将来フリーランスとして独立できる可能性がある

文章スキルがあがれば、フリーランスとして将来独立も視野に入れられるところが魅力的です。

アラフォーでも今からはじめてフリーランスをめざせる副業を紹介
アラフォーでも今からはじめてフリーランスをめざせる副業を紹介

続きを見る

なおたけ
最初は効率が悪くても低単価の案件で実績を作りましょう。

転売(せどり)

月収:~5万円

難易度:

メルカリなどのフリマアプリを使い慣れている人には、稼ぎやすい副業です。

仕入れた商品を、メルカリやヤフオクなどで仕入値より高く売って利益を得ることができます。

これも取り組む人が多い副業であり、特徴は次のとおりです。

  • 初期費用がかからない(最初は1~2万円で仕入から)
  • 趣味の知識がいかせる(値ごろ感がわかる)
  • メルカリなど普段使っているアプリを活用できる

まとまったお金を稼ぐのであれば販売数を増やすこととなるため、仕入対応やストアの管理などで時間が取られます。

なおたけ
労働時間に比例してお金が稼げる副業です。

データ入力(タイピング)

月収:~3万円

難易度:

企業から依頼された内容を文字に起こしてファイルで納品するお仕事です。

名刺の住所録作成や音声データの文字起こし、ウェブサイトを調査してのリスト作成など、基本的には単純作業です。

次のような特徴があります。

  • 誰でも簡単にはじめることができる
  • 案件も多く稼ぎやすい
  • 頭の使う作業であれば単価が少しあがる

手っ取り早く稼ぎたい人や、スキルに自身がない人に適した副業です。

なおたけ
初心者向けのおすすめ副業です。

ポイントサイト(アンケート入力)

月収:~1万円

難易度:

ポイ活ともよばれる、ポイントサイトを活用してのお小遣い稼ぎです。

スマホで隙間時間や移動中にできるのが大きなメリットです。

主に次のようなことで、ポイントをもらうことができます。

  • 広告視聴やアンケート回答
  • 誰でも簡単に隙間時間をつかってできる
  • クレジットカードの発行や口座開設など高額報酬のものもある

口座開設やクレジットカードなど単価の高い案件を複数申し込むことで、月に数万円稼ぐこともできます

なおたけ
ちゃんとやれば、バカにならない金額になります。

その他の副業は、こちらの記事でも紹介しています。

サラリーマンがネットだけで稼げる副業一覧
サラリーマンがネットだけで稼げる副業一覧と月収目安

続きを見る

副業の確定申告はいくらから?

たまお
副業で稼いだら確定申告が必要になるよね?

サラリーマンが副業で20万円以上稼いだ場合は確定申告が必要になります。

20万円は売上ではなく、副業をするために必要な経費などを差し引いた稼ぎとなります。

サラリーマンの副業での確定申告について、まとめると次のとおりです。

  • 必用経費を差し引いた稼ぎが20万円以上の場合は確定申告が必要
  • 申告をしないと「無申告加算税」の支払いが必要、また延滞税も発生する
  • 稼ぎが20万円以下でも住民税の申告は必要

20万円以上の売上が見込める場合は、パソコンを新しくするなど経費としての購入を検討するのもよい手段です。

なおたけ
確定申告は必ず行うようにしましょう。

会社が副業禁止だった場合はどうする?

たまお
会社に副業ってどうやってバレたりするのかな?

会社が副業禁止の場合は副業がOKな会社に転職するのがベストな選択肢です。

しかし、最初はどれだけ稼げるかわからない中での転職はリスクにもなります。

副業初心者がすぐに大金を稼ぐことは難しいため、副業が認められていなくても少額から試しにやってみるのがよいです。

ちなみに、副業が会社にバレるのは、次のケースが多いです。

  • 同僚にうっかり話してしまいそれが広まる
  • 社内で作業が見られたり、電話での応対を聞かれる
  • 会社に行く「住民税」の通知額でバレる

住民税の通知でバレるのは大金を稼げるようになってからです。

確定申告時の住民税の納付を「特別徴収」ではなく「普通徴収」にすれば、住民税での通知を避けることができます。

また、仮にバレた場合は「仮想通貨で利益が出たため」という言い方がよいです。

仮想通貨で利益が出た場合は総合課税であるため確定申告が必要となり、同じく住民税の通知が会社に行くからです。

なおたけ
本業で肩身が狭くなるのもつらいので、副業で稼げるようになったら転職したほうが無難です。
サラリーマンが副業するならしっておきたい確定申告の知識
いくらから申告が必用!?副業するなら知っておきたい確定申告

続きを見る

まとめ

40代サラリーマンにおすすめの副業5選を紹介しました。

副業で大きく稼ぎたかったり、フリーランスを目指すのであれば、副業と相性のよい会社に転職するという手もあります

例えば、次のような会社です。

  • 週休を増やし副業を推奨している会社
  • テレワークが制度化されている会社
  • 副業の知識やノウハウがつく会社に転職する

特に、副業の知識やノウハウがつく会社は、「副業OK、テレワークもOK」というケースが多いのでおすすめです。

例をあげると次のような会社です。

  • アフィリエイト仲介(バリューコマースなど)
  • ポイントサイト運営(セレス、ハピタスなど)
  • クラウドソーシング運営(クラウドワークス、ランサーズなど)
  • フリマ、EC構築サービス(メルカリ、BASEなど)
  • スキル販売サービス(ココナラ、minneなど)

転職をするのであれば、転職成功率をあげられる転職エージェントに相談してみてください。

成功率大幅UP!40代は転職エージェントを積極的に利用しよう
転職成功率大幅UP!40代は転職エージェントを積極的に利用しよう

続きを見る

なおたけ
転職エージェントは無料なので、興味があれば相談だけでもしてみたほうがよいです。

-副業