副業

いくらから申告が必用!?副業するなら知っておきたい確定申告

サラリーマンが副業するならしっておきたい確定申告の知識

たまお
副業で稼いだお金の確定申告は、いくらから必要になるのかな?

サラリーマンが副業で得た所得の合計が「20万円以上」の場合は、確定申告が必要です。

副業をはじめる際は、税制上のルールを把握したうえではじめてください。

この記事では、次のことを知ることができます。

  • 副業で確定申告が必要なケースを理解することができる
  • 副業が会社にバレるよくある原因がわかる
  • 副業がバレないために注意することや、バレた時の対処法を知ることができる

では、詳しく説明を進めていきます。

なおたけ
副業をする場合は、税制上のルールを守りましょう!

確定申告と住民税の納付について

たまお
所得が20万円以下の場合は、何もしなくてもいいの?

サラリーマンが副業で20万円以上の所得がある場合は確定申告が必要です

確定申告の必要があるにも関わらず申告をしないと「無申告加算税」の支払いが必要になる他、延滞税も発生してしまいます。

また、副業の所得が20万円以下で確定申告が不要の方も、住民税の申告は必要になります

確定申告をしない場合は、自治体に住民税を申告しなければなりません。住民税の納付は各自治体により違うので、直接自治体に問い合わせてみてください。

副業が会社にバレる原因

たまお
会社にバレずに副業ってできるのかな?

副業をはじめる前に、そもそも所属している会社が副業を許可しているかは重要なポイントです。

もし、会社に内緒で副業をしたとしても、稼ぎが大きくなるとバレることがよくあります。

その大きな原因は次のケースです。

  • 会社に行く「住民税」の通知額でバレる
  • 同僚にうっかり話してしまい、それが伝わりバレる
  • 社内で作業が見られたり、電話での応対を聞かれるなどでバレる

ダイレクトに会社に通知が行く「住民税」でバレるケースが最も多いです。同じ給与の同僚と比べて、「住民税」の納付額が明らかに多い場合などです。

ただこれは、確定申告時の住民税の納付を「特別徴収」ではなく「普通徴収」すれば避けることができます

「特別徴収」は給与天引きとなり会社に通知が行くのですが、「普通徴収」は自分で納税するため通知が行かないからです。

一方、会社にバレるからという理由で確定申告をしないと「脱税」扱いになるので注意してください

なおたけ
社内では副業に関する話や、そぶりもしないことが大切ですね。

会社にバレた時の対処法

たまお
住民税の通知で会社に副業がバレた時のよい言い訳ってあるのかな?

「仮想通貨で利益が出たので確定申告した」と、伝えるのがよいです。

通常株式投資は「分離課税」といい給料とは別に税金を納めるのが一般的です。株式投資では特別口座といって、利益が出たタイミングで証券会社が税金を支払ってくれるので確定申告は必要ありません。

しかし、仮想通貨は「総合課税」といい、給料と一緒に計算されます

仮想通貨での損益は確定申告が必要となり、給料と合算されての課税となります。そのため、その合算した結果が住民税として会社に通知されることになります。

仮想通貨は個人の資産運用の範囲なので、詳しく突っ込まれる可能性は低いです

なおたけ
うまく言い逃れできても、肩身が狭くなることもあるので注意しましょう。

まとめ

最近では、「週休3日制」「リモートワーク」などとあわせて、「副業」を推奨する会社も増え始めています。

今の職場が「副業禁止」だとしても、将来的に自分自身に副業が必要だと感じたら、他の会社への転職も検討してみるのもよいかもしれません。

副業がバレない方法や、バレた時の言い訳などを紹介しましたが、コソコソやるのも気持ちがよいものではありません。副業で大きく稼ぎたいという目標がある場合はなおさらです。

なおたけ
転職サービスでも昨今では相談の多い内容です。転職する気がなくても、一度相談してみるのもよいです。

-副業