転職

厳しいと言われている40代の転職が悲観的ではない理由

厳しいと言われている40代の転職が悲観的ではない理由

たまお
40代の転職は厳しいというけど、実際はどうなんだろうか?

そのような人のために、40代の転職がそこまで悲観的ではない理由を解説します。

実際に、40代の転職は厳しいのかどうかでいうと20代、30代と比べたら厳しいです。しかし、データなどを見ると、そこまで悲観することではないというところです。

そして、40代の転職を成功させるためのポイントも解説しています。

具体的に、この記事では次のことがわかります。

  • 40代の転職がそこまで悲観的ではない理由
  • 40代の転職を成功させるためのポイント
  • 40代転職のために準備しておくこと

読んだ後には、転職が成功するポジティブなイメージを掴める内容となっています。

なお、私のキャリアを説明すると、次のとおりです。

アラフォープロフィールカード

主にIT系の企業を4社経験。転職経験はもちろんマネジメント職として、80人ほどの採用面接をした経験を持ちます。

また、今は出入りの激しいネット企業にいるので、40代の同僚で転職を成功させている人も数多くみています。

40代の転職が悲観的ではない理由

たまお
40代の転職事情ってどうなっているの?

リクルートワークス研究所『中途採用実態調査(2019年度実績、正規社員)』が調査した結果では、中途採用における採用年齢層は、30代(57.2%)、10代・20代(51.4%)に対して、40代(44.6%)という数値です。

この結果から40代の転職については、次のように考えることができます。

  • 20代、30代と比較すると、さすがに厳しい
  • しかし、数字による差異はそこまで大きくはない
  • 50代になると急激に落ちるので40代前半のうちにしておきたい

このように、40代前半であれば、転職することがそこまで厳しくなることはありません

なおたけ
即戦力という意味でも、40代はまだまだ採用されやすい年代です。

40代で転職を有利に進めやすいキャリア

たまお
誰でもうまくいくとは限らないと思うんだけど。

当然、40代でも転職がうまくいく人と、いかない人がいます。

ただ、転職が上手くいかない人の多くは、これというスキルや経験もないため、30代でも厳しいことには変わりません。

次の人たちは、年代に関係なく採用する企業から求められる人材です。

専門職としての知識やスキルがある

年齢関係なく採用されやすいのは、専門職として知識やスキルがある人たちです。

それは、次のような職種です。

  • 経理
  • 法務
  • 経営企画
  • ITエンジニア
  • コンサルタント
  • カスタマーサポート

このような人たちは年齢関係なく、給与も落ちることなく採用されやすいです。

なおたけ
20年近いキャリアで積み上げた結果ですね。

マネジメント、リーダーシップ経験

マネジメントやリーダーシップ経験があり、入社後すぐに成果を出せる人はニーズが高いです。

マネジメントやリーダーとして採用される人は、採用時に次の内容が重視されます。

  • 経験、実績、プロジェクト規模
  • 会社と本人のめざす方向性が一致
  • コミュニケーション能力

ほとんどが即戦力としての採用です。企業側も人員に空きが出た場合は、すぐに補充したいポジションです。

なおたけ
責任あるポジションであれば、年収アップも見込めます。

業界経験

業界経験も採用する側の企業にとってプラスとなる要素です。

前職で育ててきたその業界に対する知識や人脈を活かすことで、新たなサービスの創出が期待されます。

また、その異業種でもその業界への参入を検討している企業であれば必要性も高いです。

なおたけ
取引先をたくさん持っている営業マンなども重宝されます。

40代の転職活動を成功させるためのポイント

たまお
転職をうまく進めるためのポイントはあるの?

40代の転職は即戦力としての期待値が高いです。

そのため、スタンスとしては「何かを学ぶ」ことや「キャリアアップ」ではなく「どのように貢献できるか」」「どのように活躍できるか」ということが求められます。

それを前提に、次のことを準備しましょう。

転職理由と方針の明確化

まずは、アクションを起こす前に、自身の転職理由と企業選定の方針を明確にしましょう

これを明確にすることで、転職エージェントからのサポートや人脈を使って相談した時も、具体的な支援を受けやすくなります

また、採用企業との面接においてもブレがなく、良い印象を与えることができます

なおたけ
その場で取りつくろった回答だと、見透かされてしまいます。

転職エージェントを利用する

転職エージェントに登録すれば、非公開求人の紹介やキャリアコンサルタントからのアドバイスをもらうことができます

成功確率があがることは間違いないので積極的に利用しましょう。

転職エージェントについて詳しくは、こちらの記事でも紹介していますので参考にしてみてください。

成功率大幅UP!40代は転職エージェントを積極的に利用しよう
転職成功率大幅UP!40代は転職エージェントを積極的に利用しよう

続きを見る

なおたけ
成功確率をあげるためにも、転職エージェントには2つ以上登録しましょう。

人脈を利用する

転職サイト経由よりも、圧倒的に転職の成功確率が高いのが知人からの紹介です。

もし、生きたい会社に知人や元上司や先輩がいるのであれば、相談してみましょう。

なおたけ
やっぱりやめたはできないので、「どうしても行きたい会社」に限定しましょう。

入念な企業研究

転職先の候補は入念に企業研究をしましょう。

求められるのは即戦力です。どのような貢献ができるか、どのように活躍できるのかをイメージしてアピールすることが必要です。

次の情報を参考にしましょう。

  • 会社ホームページ
  • 決算説明資料(上場企業であれば)
  • ウェブサイト上にある事例記事やインタビュー記事

特に経営者のインタビュー記事は会社のビジョンなどが語られているので、必ず目をとおしておいたほうがよいです。

なおたけ
定年まで働くかもしれない会社なので、充分に調べましょう。

40代転職時の注意点

たまお
転職に失敗しないために注意することとかあるの?

最後に、40代が転職する際に注意する点を紹介します。こちらも、あらかじめイメージしておくとよいでしょう。

年収にこだわりすぎる

年収にこだわり過ぎると、40代の転職はうまくいきません。

自身のキャリアや経験からみた市場価値はどれくらいかは、キャリアコンサルタントと相談して考えてみてください。

今いる会社の制度上で積み上げられた年収は、転職市場に出たとたん価値はなくなります

どのような経験やスキルがあるか、そしてどのような貢献ができるかを元に、採用する側の企業の制度上で年収が判断されます。

なおたけ
実力が認められれば、年収は入社後にあがることもあります。

悲観的にならない

希望の会社の書類選考に落ちたり、面接がおもうように通過できないこともあるかと思います。

しかし、それは20代、30代で転職しても同じことです。

「40代だから厳しいのかな」というように悲観的にならずに、いつかは希望の会社に決まるというように腰を落ち着けて取り組んでみてください

なおたけ
転職で不安になるのは、20代の人も30代の人も同じです。

まとめ

40代前半であれば、20代、30代と転職の成功率が変わらないことがお分かり頂けたかと思います

40代だとそれなりのキャリアや経験があり実績が豊富なので、採用する側も入社後の活躍が具体的にイメージしやすいというメリットがあります。

40代だからといって悲観的にならずに、積極的にチャレンジしてみてください

記事の途中でも紹介しましたが、40代の転職には転職エージェントサービスの利用が欠かせません

登録、相談など全てのサービスが無料で利用できるので、まずは登録してみてください。

成功率大幅UP!40代は転職エージェントを積極的に利用しよう
転職成功率大幅UP!40代は転職エージェントを積極的に利用しよう

続きを見る

-転職